受信ボックス同期のセキュリティ

変更日 Tue, 21 Mar 2023 で 03:12 AM

受信ボックス同期 (以前は自動インポート) のセキュリティ

オプト イン: 受信ボックス同期は、ユーザーが選択して有効化し、いつでもオフにできるオプション機能です。

ユーザーのセキュリティ標準: Gmail、Google Workspace、Outlook、Yahoo! メール アカウントをセットアップする際、TripIt はパスワードの保存をたずねません。TripIt は OAuth を使用して、Gmail、Google Apps、Outlook、および Yahoo! メールの受信ボックスからの出張メールへのアクセスを認証し、サインイン認証情報は必要ありません。Oauth アクセスはいつでも、TripIt アカウントから、または Google から直接取り消すことができます。

TripIt で Google アカウントから受信した情報を使用する場合および他のアプリに転送する場合は、Google API サービスのユーザー データ ポリシー (限定的な使用の要件を含む) に従います。

インポート用のセキュアな HTTPS: TripIt では https (セキュア通信) を使用して受信ボックスのヘッダーをスキャンし、出張計画を探します。TripIt によって出張計画が見つかると、出張関連の情報を探してメールの内容が解析されます。日付が重複する既存の出張がある場合、TripIt によって出張に計画が追加されます。計画が新規の場合、TripIt によって新しい出張が作成されます。ユーザーのメール アカウントと TripIt 間の通信はすべてセキュリティで保護されています。

承認の取消: Oauth アクセスはいつでも、TripIt から、またはメール プロバイダから直接取り消すことができます。

この記事は役に立ちましたか?

それは素晴らしい!

フィードバックありがとうございます

お役に立てず申し訳ございません!

フィードバックありがとうございます

この記事に改善できることがあれば教えてください。

少なくとも一つの理由を選択してください
CAPTCHA認証が必要です。

フィードバックを送信しました

記事の改善におけるご協力ありがとうございます。